介助や介護にも…

今日は、『力のいらない護身術』でした。

今回は、知的障害者の介助をされている方と、
泉水流からKさん、Sさんが参加されました。


IMG_6632
















介助の現場は、急にぶたれたり、?まれたり、
髪を引っ張られたりと生傷が絶えません!

そこで、自分の身を護り、動きを制したりする
ヒントを掴みたくて参加されたのでした。


介助者の方は、腕力を用いずに相手を制する
護身術に驚かれていました。

武術は、物理・生理・心理を用いるので、
敵を倒すだけでなく、介助や介護にも
応用が効くのです。


本日も、ご参加ありがとうございました。

2022.2.12 



女性でも自分の身は自分で守るという事を、
改めて再認識させていただきました。

これからの時代は大切な事だと思います。

M.Kさん


■力のいらない護身術 (春の護身 3/12)