通り魔ナイフ対応

昨日は、今年最後の柔術練習会。

Nさん、Kさん、新陰流の立木先生が
今年の稽古納めに参加してくれました。
Sさんは懇親会には間に合いました♪


まずは、今年6月に起きた新幹線内での
通り魔殺傷事件を参考にして護身術を検証。


逃げきれずに、追い詰められた時には、
話題になった『座席のシートを外して盾にする』
は、新幹線の車内では有効ですね。

また、消火器があれば犯人の顔に噴射出来るし
間に合わなければ、消火器を盾にできます。


僕は、カバンに強化プラスチックの板と
折り畳み傘を入れています。
このカバンを盾にして、傘を武器にするのです。

交流させて戴いている元女性空手チャンピオンで
護身術師のおりえ先生もプラスチックのまな板を
カバンに入れているのを聞いて感動しました☆
https://profile.ameba.jp/ameba/peko717171

IMG_0040











鉈(なた)を使った犯行という事でしたが、
手元に鉈が無いので模擬短刀で稽古。

その後は、ナイフ術を稽古してから
スパーリングで締めました。

立木先生に、何発も入れられ
改めて、重心と間合いの大切さを実感!


新年に向け、課題を知る良い稽古でした。



■力のいらない護身術 (暮れの防犯に)
https://www.sensuiryu.net/seminar/sent-rays



12.28.2018  年の瀬に一息つきながら