ひったくり防止

大阪の留置所から、強盗、レイプ、放火の常習犯が、
ひったくりを繰り返しながら逃亡していますね!


僕の護身術講座でも、無事である事が大切なので、
座学でひったくりの話をさせてもらっています。



ひったくりに遭ったら、速やかに警察を呼んで、
事件の状況や犯人の特徴(服装・乗り物)などを
説明しなければなりませんが、

一番大切なことは、予防する事です。
これは、護身術の技に関しても同じです。



危険な目に遭ったらどうするか? よりも、
危険な目に遭わないようにする事が大切!


kesi04


















●歩きの時

1.バッグなど貴重品の入ったものは、
 道路と反対の方に持つ。

2.ショルダーバッグは、たすき掛けにする。



●自転車の時

3.自転車のハンドルに、バッグを紐で掛けない。

 …引きずられると危険!


4.カゴにバッグを入れたら、防犯ネットを掛ける。

 …まず狙われない!100均の商品で財産を守れる。



●歩きと自転車共に

5.エンジン音やタイヤの音がしたら、
 振り返るクセをつける。

 …犯人は顔を見られるのを嫌う。
  フルフェイスのヘルメットを被っていても
  急に振り向くと戸惑い反応が遅れる。


6.イヤホンで音楽聞きながらや、
 スマホを操作しながら移動しない。

…外の音が聞こえない。何かに集中している。
 といった隙をついてくる。



ひったくりは、夜に限らず昼間でも、
人通りの少ない場所で発生しています。

まずは、危機意識を持つ事です。


■力のいらない護身術 (※一人ひとりに合わせて)
 https://www.sensuiryu.net/seminar/sent-rays/




8.25.2018  台風一過の空の下