呼吸と筋肉

美浜カルチャーさんで、【ダイエット呼吸法】の
教室を持たせて戴いていますが、その講座の中で、
生活に役立つ呼吸に関するお話もしています。
 

初日には、投げる・打つ・叩く・突く・蹴る、など
「四肢を伸ばすときは、息を吐く」
という呼吸のお話をしました。
 

テニスもボールを打つ時に自然に声が出ますし、
 ボクシングでもパンチを出すとき「シュッ」と、
 武道でも「えい!」と掛け声で気合を入れます。
 

息を吐くと、全身の筋肉がリラックスするので、
ムダなチカラが抜けるという利点があります。
 

2012110611320000

野球のボールを投げる時に、息を止めて、
チカラいっぱい投げても遠くに飛びません。
 


リキみは、カラダの内側への“入力”(インプット)だからです。
リキむと、カラダを縮める屈筋が働くからです。
 


逆に、息を吐きながら、
肩のチカラを抜いて投げると飛びます。
 
カラダの外側への“出力”(アウトプット)になるからです。
そして、カラダを伸ばす伸筋が働くからです。
 


もちろん、単なる筋肉の“脱力”(ニュートラル)だと
入力でも出力でもなく、ただの筋肉弛緩状態になりますので、
筋肉は働けません。
 

古武術をはじめ、投げる・打つ・叩く・突く・蹴る、などの
運動をするならば「四肢を伸ばすときは、息を吐く」
呼吸を覚えておくべきです。
 
これは、日常生活でも使えますよ。


 2012110213200000
 検見川浜駅前のイズミヤさんの中でやっています。


・講座案内チラシPDF
 ⇒ http://www.culture.gr.jp/pdf/all/mihama.pdf


・お申込み・お問合せは
 
 美浜カルチャーセンターさん(0120-66-5432)へ、直接電話。
 http://www.culture.gr.jp/mihama/index.php