イメージ

刃物というと、料理を連想する者も居れば、

犯罪に使われる凶器と連想する者も居る。


お金に対しても、ワクワクする人も居れば、

汚いイメージを持って眉をひそめる人も居る。


武術も、健康や美容に最適だとする人も居れば、

暴力的、破壊的だと眉をひそめる人も居る。



いずれにせよ、お金も 刃物も 武術も、

使う人の意識によって結果がまったく異なってくる。


お金で、人の命を救う事も出来るし、

刃物で、美味しく調理する事も出来るし、

武術で、愛する人を守る事も出来る。



すべての物、知識や技術は、

ただ、そこに存在するのであり、

それ以上でも、それ以下でも無い。



好き嫌いも、偏見も、評価も、

それをしているのは、

他ならぬ、その人自身なのだから。



人は、自分が思いたい様にしか

思えない生き物なのだから。