第4回武術交流稽古会は地下組織?

25日(日)は、『第4回武術交流稽古会』に呼んで頂きました。

この『武術交流稽古会』は、毎回テーマを決め、
各流派・門派の技術を学ぶのが目的です。

うちの柔術練習会メンバーが2名と、妻のあやたんも参加し、
楽しくも為になる1日を過ごす事ができました。

僕も、都合で第3回は参加できなかったものの、
第1回から講師として呼んで頂き、有り難く思います。

稽古会10041

 

 

 

 

 




今回のテーマは、『対人感覚の養成』でしたので、
泉水流は練習会でも行なっている、

・蹲踞相撲
・握手相撲
・合気上げ

…を選びました。


そして、今回の講師陣は、

・功夫研究会 浜島健
・JKD Laboratory 「Deffic」丹勇二
・白桃会 佐山史織 
・護身空手木村塾 木村潤
・ナイフ術 中込昇
・形水会(内家拳)相澤和広
・泉水流柔術 泉水章浩

…という、この業界の裏(?)では知られた面々。。。

稽古会10042

 

 

 


功夫の華麗さ、ナイフ術の精妙さ、ジークンドーの速さ…。

毎回、武術の初心者から上級者、かなり厳しい目を持った
マニアックな方々も集まりますので、気は抜けません。

うちの出し物(?)は兎も角、他の先生方のプログラムは、
参加者の方々の興味を引いたようです。


最近、地下ドル(地下のにある会場からデビューするアイドル)
が人気ですが、今回の稽古会も地下会場だったので、
ここからヒーローやヒロインが誕生するかも?

ただし、AKB48のように、人気投票されてしまうと、
『武術交流稽古会』の講師として、僕は。。。(><)

技に掛かった男性たちのうめき声と、女性たちの笑い声が
地上まで響き渡っていたので、街行く人々にかなりハードな
イメージを与えてしまったかも知れませんね。←(アホ)


しかし今回、先生方の動きも、教授された内容の選択も
非常に勉強になりました。


今回、参加された皆さん、先生方、お疲れ様でした。
本当に、有難うございました。