女性と子供の護身術

先日は、護身術セント・レイの講座でした。
http://www.sensuiryu.net/sentray.html

女性と子供の護身術

 参加者は、初受講が小学3年生の女の子と、お母さん。
そして、OLをされている女性の3名、
再受講は、女性が1名、男性が4名でした。

今回は、うちも親子3名で行きましたので、
合計すると11名になりました。

小学生の女の子の小学校でも、不審者対策で警察官が
学校に来て指導したり、防犯訓練をしているそうですが、
「不審者に会わないようにしましょう」と言っても、
不審者は格好では見分けがつかないので心配だそうです。

確かに、小学生の不審者のイメージは、黒ずくめで
サングラスをかけている人…。
今どき、見ないですよね。。。

…で、不審者に捕まってしまった時の対処法までは、
小学校では教えてくれなかったそうです。

「抵抗したら命が危ない」という事でしょうが、
抵抗しなくても、命が危ない確率は変わりませんよ!

 

さて今回は、女性と子供向けの護身術という内容となりました。

初めに、危機意識を持って早めに危険を察知するために
具体例をお話させて頂きました。


実技では…、

・手を掴まれ引っ張られた
・肩を引き寄せられた
・抱きしめられた
・倒され上に乗られた
・首を絞められた
・刃物を振り回してきた

…というシチュエーションで、関節技と打撃技の2つを
組み合わせる事の必要性を体験してもらいました。

護身術を習っても、女性や子供は男性には敵いませんが、
イザという時に、命を守るために逃げる手段となるのです。